忍者ブログ

2017 . 09 . 22


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006 . 04 . 28


14.jpgFunny Games 1997

ファニーゲームという、不快の傑作を見ました。
パウルとペーターという若者が、ショーバー一家を一方的に蹂躙するという 退屈でつまらない内容なんだけれども、不快感という点では突出した映画でした。

ショーバー一家が二人に暴力を受け、こちらが不快感を感じてると 「あんたはこんなシーンが見たいから、この映画を見てるんだろ?」 という監督の声が聞こえそうです。(´・ω・`)

この映画に出てくる憎たらしい二人の蹂躙者を、せめて自分の妄想の中でくらい やり込めたいのに、それすらできなさそうな所にこの不快感は収束します。
自分の頭の中で二人を撃ち殺し、ショーバー一家を助けたと思っても 彼らはキュルキュル起きあがりこう言うのです。

「映画のシャクには、まだ足りないぜ?」

=■●_ <ままならぬー

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP